映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる人気アニメーション「怪盗グル―」シリーズの第3弾です。

晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れます。

1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがり、80年代ファッションに身を包んだバルタザールは、様々なガジェットを駆使して犯罪を繰り返し、グルーを反悪党同盟から追い出してしまいます。

そんな時、グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明。父親から莫大な遺産を相続しているドルーは、父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていました。

一方、グルーの相棒ミニオンたちは、グルーが反悪党同盟をクビになったことで再び悪の道に戻ってくることを期待していましたが、グルーにその気がないことを知り、新たなボスを求めて旅に出るのですが・・・。

笑いとスリルに満ちた騒動や、人気キャラクターのミニオンたちのかわいい姿に注目です。

怪盗グルーのミニオン大脱走 公式サイト



アクセスカウンター
 
地球外生命体を調査していた6人の宇宙飛行士が密室の無重力空間で直面する恐怖を描いたSFスリラーです。

火星で未知の生命体の細胞が採取され、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで極秘調査を開始しました。

しかし、生命体は次第に進化・成長して宇宙飛行士たちを襲いはじめます。

高い知能を持つ生命体を前に宇宙飛行士たちの関係も狂い出し、ついには命を落とす者まで現われます。

助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは果たしてどうなるのでしょう。

「デッドプール」のライアン・レイノルズ、「サウスポー」のジェイク・ギレンホール、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、そして「ウルヴァリン:SAMURAI」の真田広之が共演します。

ライフ 公式サイト


 
「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」のガイ・リッチー監督が、中世から語り継がれているアーサー王伝説をモチーフに手がけたソードアクションエンタテインメントです。

王の息子として生まれ、その跡を継ぐ者とされていたアーサー(チャーリー・ハナム)は、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)によって父と母を殺され、スラム街へと追いやられてしまいます。

過酷な環境の中、アーサーは生き抜く知恵を身に付け、肉体を鍛えます。

やがて、無双の力をもたらすとされる聖剣エクスカリバーを手にし、仲間たちと共に圧政を敷くヴォーティガンを倒し、王座に就こうとするアーサーだったのですが・・・。

主人公アーサーに「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナムが扮し、アーサーの親の敵(かたき)でもあり、魔術を駆使する非道で凶悪な暴君ヴォーティガンをジュード・ロウが演じます。

壮絶なソードバトルの数々に圧倒されます。

キング・アーサー 公式サイト


 
2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンスです。

13年4月15日。ボストン警察の殺人課に所属する刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は、 「愛国者の日(パトリオット・デイ)」に毎年開催されるボストンマラソンの警備にあたっていました。

50万人の観衆で会場が埋め尽くされる中、トミーの背後で突如として大規模な爆発が発生。

トミーらボストン警察の面々は事態を把握できないまま、必死の救護活動を行ないます。

そんな中、現場に到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)は、事件をテロと断定。
捜査はFBIの管轄になりますが、犯人に対し激しい怒りを抱えるトミーは、病院に収容された負傷者たちから丁寧に話を聞いてまわります。

やがて、監視カメラに映っていた「黒い帽子の男」と「白い帽子の男」が容疑者として浮かび上がってきます。

パトリオット・デイ 公式サイト


 
俳優のベン・アフレックがメガホンを取り、「ミスティック・リバー」などで知られるデニス・ルヘインの小説を基に描くクライムドラマです。

禁酒法時代のボストンで厳格な家庭に育ったジョー(ベン・アフレック)は、警官幹部である父に反発し、ギャングの世界に足を踏み入れていきます。

ある日、強盗に入った賭博場でジョーはエマ(シエナ・ミラー)と出会い、やがて2人は恋に落ちます。

しかし、エマは対立組織のボスの娼婦で、超えてはいけない一線を超えてしまったジョーの運命は大きく狂わされていきます。

禁酒法時代のボストンを舞台に、しのぎを削りながら裏社会でうごめくギャングたちの姿をスクリーンに焼き付けます。

夜に生きる 公式サイト