映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。

豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描きます。

幼くして豊臣秀吉(滝藤賢一)に才能を認められ、取りたてられた石田三成(岡田准一)は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていました。

そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになりますが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいきました。

そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日、毛利輝元(山崎清介)を総大将に立てた三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で天下分け目の決戦に挑むこととなります。

日本の戦国時代における重要な合戦が、どのような切り口で映し出されるのか注目です。

関ヶ原 公式サイト

日本語字幕付上映劇場


スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::