映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
北杜夫が自身をモデルに書いたロングセラー小説を山下敦弘のメガホン、松田龍平主演により映画化した作品です。

小学生のぼくこと春山雪男(大西利空)は、「自分のまわりにいる大人について」をテーマに作文コンクールの宿題を出されます。

題材探しに苦心していた彼は、父の弟で怠惰な生活を送り、屁理屈ばかりこね、時には雪男をダシに母からお小遣いをもらうという、ぐうたらな居候のおじさん(松田龍平)をネタにすることを思いつきます。

そんなおじさんに見合いの話が持ち上がります。相手はハワイの日系4世で、絶世の美女・稲葉エリー(真木よう子)。

見合いに消極的だったおじさんはエリーに一目ぼれするのですが、祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためにエリーはハワイへ帰ってしまいます。

エリーに会いたい一心で、おじさんはハワイへ行く作戦をあれこれと練り出すのですが、どれも他力本願だったり、運任せのものばかり。

しかし懸命に目的を果たそうとする姿は、なぜだか憎めなくて可笑しくて、誰もが思わず笑ってしまいます。

ぼくのおじさん 公式サイト

日本語字幕付き上映劇場


スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::