映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバーと「夏をゆく人々」「やがて来たる者へ」のイタリア人女優アルバ・ロルバケルが夫婦役を演じ、第71回ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞と女優賞をそろって受賞したサスペンスドラマです。

ニューヨークで出会い、恋に落ち、そして結婚したジュード(アダム・ドライヴァー)とミナ(アルバ・ロルヴァケル)。ほどなくして子どもも授かり、幸せな日々が続くはずだったのですが、ミナは息子の育て方についての方針に異常なこだわりを見せ、息子が食べるものや接するものに敵対心と怖れを抱くようになります。

外の汚れたものに触れさせたくないと友人関係を絶ち切り、子供と2人きりで家に篭もるようになり、動物性蛋白質を一切取らせず、野菜のみを与えているミナを観て、息子の発育に不安を覚えたジュードは、医者に診てもらうように言いますが、ミナは頑として聞き入れません。

ジュードはミナに隠れて息子を医者に連れて行き、散歩と称しては外で動物性蛋白質を与えるなどして、何とか自分で解決しようと努力を続けるのですが、果たして最後にはどのような結末が待っているのでしょうか。

それは愛か、狂気か。観る者の価値観を根底から揺さぶる、衝撃のパラノイド・サスペンスです。

ハングリー・ハーツ 公式サイト


スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::