映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
1996年にアメリカで起こったデュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件を映画化した実録ドラマです。

ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手マーク・シュルツ(チャニング・テイタム)は、デュポン財閥の御曹司ジョン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックでのメダル獲得を目指すレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われます。

同じく金メダリストの兄デイブ(マーク・ラファロ)へのコンプレックスから抜けだすことを願っていたマークは、最高のトレーニング環境を用意してくれるという絶好のチャンスに飛びつきますが、デュポンのとんでもない行動に振り回されるようになっていきます。

やがてデイブもチームに加入することになり、そこから3人の運命は思わぬ方向へと転がっていきます。

2014年・第67回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した作品です。

フォックスキャッチャー 公式サイト



スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::