映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
茶人・千利休の人生を描き、第140回直木賞を受賞した山本兼一の同名小説を、歌舞伎俳優・市川海老蔵の主演で映画化されます。天正19年〈1591年〉2月28日、茶人・千利休は、聚楽第内の屋敷に設えた一畳半の茶室で豊臣秀吉(大森南朋)の命により切腹の日を迎えます。3,000もの兵に取り囲まれ、雨嵐の雷鳴が辺り一帯に響き渡る中、ついに覚悟を決めて刃を腹に突き立てようとする彼に、利休夫人の宗恩(中谷美紀)は「自分以外の思い人がいたのではないか?」という、かねてから夫に抱いていた疑念をぶつけます。その言葉を受けた利休は、10代から今日に至るまでの波瀾(はらん)万丈な道のりを思い出していきます。市川海老蔵が千利休にふんし、10代から70代間際までの変遷を見事に体現します。また、三井寺、大徳寺、神護寺、彦根城など、国宝級の建造物で行われたロケ映像も見ものです。
利休にたずねよ 公式サイト
日本語字幕付き上映劇場

利休にたずねよ

スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::