映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
1983~84年にNHK連続テレビ小説として放送され、平均視聴率52.6%という大記録を樹立した橋田壽賀子原作のドラマ「おしん」が、新たなスタッフ、キャストで映画化されます。おしんの少女時代に焦点を当て、ひたむきに家族を思い、成長する姿を描く作品です。おしん役はオーディションで選出された新人子役の濱田ここねが務め、母・ふじ役を上戸彩、父・作造役を稲垣吾郎、おしんの奉公先・加賀屋のおしんの恩人くに役を泉ピン子が演じます。明治40年、凶作が原因でひもじい生活を強いられている小作・谷村家は、口減らしのため泣く泣く7歳のおしん(濱田ここね)を奉公に出すことになりました。奉公先の材木店で朝から晩まで働き通しの毎日を送る彼女は、雪が溶けたら家に帰れると信じてつらい日々を耐え抜きますが、ある時、店の50銭銀貨が紛失してしまい、ぬれぎぬを着せられたおしんは、雪が吹き荒れる天候の中、自分から店を出てしまいます。山形県出身の冨樫森が監督を務め、極寒の山形県で全てのロケを行ったそうです。
おしん 公式サイト
日本語字幕付き上映劇場
おしん

スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::