映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
『トラフィック』などのスティーヴン・ソダーバーグ監督が放つサスペンスです。夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのをきっかけに、以前に患っていた「うつ病」を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすようになり、診察にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談し、新薬を投与し始めます。みるみる症状が回復するのですが、副作用として夢遊病に悩まされるようになります。そしてある日遂に、無意識状態のまま、エミリーが殺人を犯してしまいます。果たして、裁かれるのは主治医バンクスでしょうか、それとも患者エミリー・・・。事件を引き起こす謎めいたヒロイン、エミリーに『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ、そしてキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、チャニング・テイタムが結集しています。アルフレッド・ヒッチコック監督作品のテイストを感じられる演出にも注目されています。
サイド・エフェクト公式サイト

サイド・エフェクト
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::