映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
三つの人生とたった一つの死』などの巨匠ラウル・ルイスが監督を務め、ポルトガルの文豪カミロ・カステロ・ブランコの小説を映画化したミステリーです。19世紀前半、王政派とリベラル派による内戦が勃発していたポルトガル王国で、名字のない14歳の少年ジョアンはすくすくと育っていました。彼はディニス神父(アドリアーノ・ルース)に保護され、孤児院で暮らしていたある日、ついにジョアンは今は伯爵夫人となった実母のアンジェラ(マリア・ジョアン・バストス)と念願の対面を果たすのですが……。4時間26分という掟破りの大長編ながら、本国フランスでは一年間という異例のロングランを続けたのち、ルイ・デリュック賞をはじめとした数々の賞を受賞した作品です。
ミステリーズ 運命のリスボン 公式サイト

ミステリーズ
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::