映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
1982年に製作されたジョン・カーペンター監督による『遊星からの物体X』のリメイクではなく、『遊星からの物体X』の物語が始まる前にノルウェー隊で何が起きたかを描いたプリクエル(前日譚)です。1982年、コロンビア大学の考古学生物学者のケイトは、急遽、南極のノルウェー観測隊の基地へ調査に飛びます。氷塊に閉じ込められた謎の生命体を調べるためです。しかし “それ”は、10万年の時を超えて生き返り、隊員たちを次々に襲って同化していっていました。いったい誰が人間で、誰が“それ”なのか。疑心暗鬼の中でケイトは生き残る道を探りますが、すでに隊員の多くが“怪物化”していたのでした。前作を観た人なら結末はわかっていると思いますが、知っているから楽しめるような仕掛けもあり、ファンの期待を裏切りません。クリーチャー造形もカーペンター版を踏襲したものになっています。
遊星からの物体X ファーストコンタクト 公式サイト

157036_1.jpg

スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::