映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を「NEXT ネクスト」のリー・タマホリ監督が映画化しました。影武者として生きることを強いられ、人生を狂わされた男の絶望と怒りを描く作品です。20世紀末、世界中の国家を敵にまわしたイラクの独裁者サダム・フセインには、タブー視されていた息子がいました。“狂気の申し子”と悪名高く〈ブラック・プリンス〉と呼ばれた長男・ウダイ・フセイン(1964.6.18-2003.7.22)。そのウダイ(ドミニク・クーパー)に顔が似ているという理由で選ばれ、家族の命と引き換えにウダイの影武者を引き受けることとなった男がいました。影武者として生死さえ選べないラティフの最後に取った行動とは・・・?「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」のドミニク・クーパーがウダイとラティフの二役を演じます。
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- 公式サイト
20120106takeda14.jpg


スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::