FC2ブログ

映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
『わが母の記』『万引き家族』などの樹木希林の遺作でもあり海外デビュー作となったヒューマンドラマです。

酒に溺れて仕事も妻子も失ったカール(ゴロ・オイラー)は、ドイツのミュンヘンで一人暮らしをしていました。

孤独に苛まれ“モノノケ”を目にするようになった彼を、日本人のユウ(入月絢)が訪ねてきます。

彼女は10年前に東京に来ていたカールの父ルディ(エルマー・ウェッパー)と親しくしており、他界したルディの墓とかつてルディが住んでいた家を見に来たと話します。

『フクシマ・モナムール』などのドイツ人監督ドーリス・デリエがメガホンを取りました。

命みじかし、恋せよ乙女 公式サイト


スポンサーサイト



カウンター