映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
2002年にドイツで起きたユーバーリンゲン空中衝突事故と、それに起因した事件をヒントにしたドラマです。

アメリカのオハイオ州、コロンバス。建設現場の現場監督ローマン・メルニック(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、妻と妊娠中の娘が搭乗する旅客機の到着を空港で待っていました。

しかし彼は、空港の管理会社から二人の乗った航空機がほかの航空機と空中で衝突したと言われます。

その後、残骸が散らばる現場で娘の遺体を発見し、悲しみに打ちひしがれるローマン。

表面的な補償で済ませようとする航空会社に怒りを覚えた彼は、責任の所在を執拗(しつよう)に追及します。そして事故の真相を追いつづける中で、ローマンは事故に大きく関わる1人の航空管制官(スクート・マクネイリー)の存在を知るのです。

航空機同士の衝突事故で妻子を失くした男が、その真相を突き止めようとする姿を映しだします。

アフターマス 公式サイト


スポンサーサイト