FC2ブログ

映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
プレイボーイのビジネスマンが思わぬ嘘をついたことから始まる恋の行方を描き、フランスで200万人を動員するヒットとなったラブストーリーです。

ある日、他界した母の家に残されていた母の車椅子に座っていたジョスラン(フランク・デュボスク)は、偶然その場を訪ねてきた美女ジュリー(キャロライン・アングラード)の気を引くため、自分は車椅子生活を送っていると嘘をついてしまいます。

そんな彼に、ジュリーは姉のフロランス(アレクサンドラ・ラミー)を紹介します。

フロランスは以前事故に遭い車椅子で暮らしていますが、バイオリニストとして世界を飛び回りながら、車椅子テニスプレーヤーとしても活躍していました。

魅力的なフロランスに惹かれていくジョスランでしたが、最初の嘘を引きずったまま、なかなか真実を打ち明けることができませんでした。

たった一言の嘘が、これほどまでに自分を苦しめることになるとは思わなかった主人公の心理を描きます。

パリ、嘘つきな恋 公式サイト


スポンサーサイト



 
第1次世界大戦後のフランスを舞台に2人の帰還兵が企てた大胆な詐欺事件を描くクライムドラマです。

第1次世界大戦の終結目前。仏軍のプラデル中尉からの不条理な攻撃命令に従ったエドゥアール(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)は、小心者の簿記係・アルベール(アルベール・デュポンテル)の命を助け、顔に重傷を負ってしまいます。

良家の御曹司で才能あるアーティストであるエドゥアールは家族にも会いたくないと戦死を偽装します。

そんな彼をアルベールは手伝うことにしました。

戦後、パリに戻った2人は貧しい共同生活をスタートさせます。

そんな折、かつて彼らの上官だったプラデル(ローラン・ラフィット)が財を築いていたことを知った2人は、ある壮大な詐欺計画を企てます。

この作品は、第43回セザール賞で5冠に輝きました。

天国でまた会おう 公式サイト


 
リュック・ベッソンが製作・脚本を手がける人気カーアクションシリーズの第5弾です。

最高のドライビングテクニックを持ちながら、問題だらけの警官マロ(フランク・ガスタンビドゥ)は、パリ警察から地方都市マルセイユへ左遷されてしまいます。

赴任先のマルセイユ警察は、フェラーリなどの高級車を使ったイタリアの宝石強盗団に頭を悩ませていました。

強盗団に対抗するため、時速300キロ超えの伝説のタクシー・プジョー407を手に入れようとするマロは、タクシーの持ち主ダニエルの甥で、間抜けなタクシー運転手エディ(マリク・ベンタルハ)とタッグを組むはめになります。

そんな中、世界最大級のダイヤモンド「カシオペア」が5日後に到着するという知らせが入ります。

強盗団は用意周到な完璧な作戦でダイヤモンドを盗み出そうとしていたのですが・・・。

「TAXi(4)」までのキャストを刷新して、マロ役のフランク・ガスタンビドとエディ役のマリク・ベンタルハが新コンビとして登場します。2人が企画、製作も担当し、ガスタンビドがメガホンを取りました。

TAXi ダイヤモンド・ミッション 公式サイト



 
アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した「皇帝ペンギン」の12年ぶりとなる続編です。

ペンギン全種の中で最も寒冷な環境に適応しており、親鳥は餌を採るため150~1000キロも移動するなど、最も過酷な子育てをする鳥とされる皇帝ペンギン。

まだ子どもの羽毛に覆われている若い皇帝ペンギンたちの初めての旅を追い、南極の過酷な自然の中で懸命に生きる姿と親子の絆を感動的に描きます。

最新鋭のデジタル4Kカメラやドローンを駆使して撮影を敢行し、なめらかな羽毛や、空の青さをそのままに反射する氷山など、美しい映像を鮮明に映し出します。

さらに南極海では史上初となる水深70メートルの水中撮影に挑み、透き通る海中を飛ぶように狩りをするペンギンたちや、氷海下に生息する様々な生物たちの貴重な姿を捉えました。

皇帝ペンギン ただいま 公式サイト




カウンター
 
19世紀初頭に書かれたグリム童話に初版から収録されている民話「手なしむすめ」を長編アニメーション映画化した作品です。

貧しい生活に疲れた父親によって悪魔に差し出され、両腕を失った少女は、家を出て放浪します。

不思議な精霊の力に守られた娘は、やがて一国の王子から求愛を受けますが、悪魔が娘と王子の仲を引き裂きます。

娘は生後間もない子どもを連れて王宮を後にするのですが・・・。

世界最大のアニメーション映画祭として知られるアヌシー国際アニメーション映画祭で、審査員特別賞を受賞。

日本でも東京アニメアワードフェスティバル2017で上映され、長編アニメーショングランプリを受賞しています。(映画祭上映時タイトル「手を失くした少女」)。

大人のためのグリム童話 手をなくした少女 公式サイト


カウンター