映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
コペンハーゲンの養護施設で起きた実話をもとに、自分たちの手で未来を切りひらこうとする幼い兄弟の絆を描き、デンマーク・アカデミー賞で作品賞をはじめ6部門に輝いたヒューマンドラマです。

1967年、デンマークのコペンハーゲンで母親と暮らす13歳のエリック(アルバト・ルズベク・リンハート)と10歳のエルマー(ハーラル・カイサー・ヘアマン)。

ある日、病弱な母親が入院することになり、兄弟は施設に預けられます。

そこでは、しつけとは名ばかりの体罰が横行していました。さらにエリックたちは新しい環境になじめず、上級生たちによるイジメの標的になってしまいます。

そんな過酷な日常から抜け出すべく、兄弟は施設からの逃亡を図ります。

テレビシリーズ「THE KILLING」などのソフィー・グローベールが教師役、テレビシリーズ「ゾウズ・フー・キル」などのラース・ミケルセンが、施設の独裁的な校長役で出演します。

きっと、いい日が待っている 公式サイト


スポンサーサイト