映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
コラムニストとしても活躍する人気漫画家・渋谷直角のコミックを、『モテキ』シリーズなどの大根仁監督が実写映画化した作品です。

「力まないカッコいい大人」奥田民生に憧れる編集者コーロキ(妻夫木聡)が、おしゃれライフスタイル雑誌編集部に異動となりました。

仕事で出会ったファッションプレスの美女、天海あかり(水原希子)に一目ぼれしたコーロキは、あかりに見合う男になるべく、仕事に精を出し、デートにも必死になります。

しかし、やることなすことすべてが空回り。あかりの自由すぎる言動に常に振り回され、コーロキは身も心もボロボロになってしまいます。

全編にわたって奥田民生の楽曲が使用されるラブコメディです。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 公式サイト

日本語字幕付上映劇場


スポンサーサイト
 
『アカルイミライ』などの黒沢清監督が、劇作家・演出家の前川知大が結成した劇団イキウメの舞台を映画化した作品です。

数日にわたって行方がわからなくなっていた夫・真治(松田龍平)が、まるで別人のように優しくなって帰ってきたことに戸惑う妻・鳴海(長澤まさみ)。

それ以来、真治は毎日どこかへ散歩に出かけるようになります。

同じ頃、町で一家惨殺事件が発生し、不可解な現象が続発。取材を進めるジャーナリストの桜井(長谷川博己)は、ある事実に気づきます。

不穏な空気が町中を覆う中、鳴海は真治から「地球を侵略しに来た」という衝撃的な告白を受けます。

長澤と松田が主人公の夫婦役で初共演し、一家惨殺事件を調査するジャーナリストを長谷川が演じます。

散歩する侵略者 公式サイト

日本語字幕付上映劇場

 
第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンスです。

勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。

解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れません。

しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていきます。

是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じます。

三度目の殺人 公式サイト

日本語字幕付上映劇場


 
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。

豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描きます。

幼くして豊臣秀吉(滝藤賢一)に才能を認められ、取りたてられた石田三成(岡田准一)は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていました。

そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになりますが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいきました。

そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日、毛利輝元(山崎清介)を総大将に立てた三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で天下分け目の決戦に挑むこととなります。

日本の戦国時代における重要な合戦が、どのような切り口で映し出されるのか注目です。

関ヶ原 公式サイト

日本語字幕付上映劇場


 
世界的な人気を誇る荒木飛呂彦のコミックを実写映画化した作品です。

美しい海辺の町・杜王町(もりおうちょう)に暮らし、見た目こそ不良ですが心根は優しい高校生の東方仗助(山崎賢人)は、「スタンド」と呼ばれる特殊能力の持ち主。

仗助のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものを直すことができるというものでした。

一見すると平和に見える杜王町では、このところ不審な変死事件が続発していて、一連の事件が自分とは別のスタンドを使う者たちによる犯行だと知った仗助は、町を守るために立ち上がります。

キャラクターの奇抜な風貌や、特殊能力がさく裂するバトルに注目です。

ジョジョの奇妙な冒険 公式サイト

日本語字幕付上映劇場