映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
ジャン・レノが犯罪者からも恐れられる伝説の刑事を演じたアクション映画です。

パリ警視庁の特殊捜査チーム率いる伝説の刑事セルジュは、その過激で暴力的な捜査で犯罪者からも恐れられていました。

ある日パリの宝石店で強盗殺人事件が発生します。
パリ警視庁特殊捜査チームを率いる刑事セルジュ(ジャン・レノ)は、事件がかつて逮捕したカスペールの犯行によるものだと直感し、強引なやり方で連行しますが、決定的な証拠が出ずにカスペールは釈放されます。

日頃から上層部に目をつけられ、誤認逮捕の責任を問われたセルジュは、チームとともに強盗事件の捜査を外されてしまいます。

そんな中、同一犯とみられる強盗事件が発生。命令を無視し、事件現場へと向かったセルジュたちに、犯人たちは銃を乱射し、パリ市街で市民を巻き込んだ銃撃戦へと発展してしまいます。

派手な銃撃戦やカーチェイス、無口な男を演じるジャンの雰囲気に引き込まれます。

ザ・スクワッド 公式サイト


スポンサーサイト
 
自転車レース「ツール・ド・フランス」を何度も制しながらも、薬物使用によりタイトルはく奪、競技から永久追放されたランス・アームストロングを描く伝記ドラマです。

25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成したランス・アームストロング。ガンで苦しむ多くの人々に勇気を与え、競技外ではガン患者を支援する慈善活動に尽力するアームストロングは、人々から賞賛を集める、まさにスーパーヒーローでした。

しかし、1人のジャーナリストの追及により、アームストロングの衝撃の事実が次々と明らかとなっていきます。

イギリスのサンデー・タイムズ紙記者によるノンフィクションをベースに、「クィーン」のスティーブン・フリアーズ監督が描いた作品です。

疑惑のチャンピオン 公式サイト




アクセスカウンター
 
3度の世界チャンピオン経験者で伝説のF1レーサー、ジャッキー・スチュワートの素顔を、友人であるロマン・ポランスキー監督が捉えたドキュメンタリーです。

1971年、モーターレースが好きな映画監督ロマン・ポランスキーは、友人であるF1世界チャンピオンのジャッキー・スチュワートが参戦するモナコ・グランプリに同行し、一緒に週末を過ごして記録したフィルム。

長らく倉庫に眠っていた同映像を見ながら、40年前の週末を改めて語り合う現在のポランスキーとスチュワートの姿も収められています。71年当時の映像には、華やかなモナコの市街地を駆けめぐるF1マシンや熱狂する観客、そして才能あふれるレーサーたちなど、モーターレーシングが最も輝いていた時代の貴重な様子が記録されています。

今のF1でも、モナコは特別なサーキットです。美しさは変わらないとは思いますが、最も輝いていた時代は永遠に残ります。

ウィークエンド・チャンピオン ~モンテカルロ 1971~ 公式サイト