FC2ブログ

映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
『アンノウン』『フライト・ゲーム』『ラン・オールナイト』のジャウマ・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが再び組んだ緊迫のサスペンスです。

10年間勤めてきた会社から突然、解雇を宣告された60歳の保険セールスマンのマイケル(リーアム・ニーソン)は、失意の中、いつもの電車で帰路につくが、車内で見知らぬ女性から話しかけられます。

女性は、電車が終点に到着するまでの間に、100人の乗客から1人のある人物を見つけ出せば、マイケルに多額の報酬を払うという事。

妻が人質に取られていることが発覚し、女性からの依頼を受けざるを得なくなったマイケルは、絶体絶命の状況下で1人の人物を見つけ出そうとするのですが・・・。

多様な世代や身分の人々が同一空間を共有する乗り物ミステリーの特性を生かし、事情を一切知らない他の乗客たちが事件に巻き込まれていく様もスリルを加速させます。

トレイン・ミッション 公式サイト



アクセスカウンター
スポンサーサイト
 
ナチスドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)をめぐり、欧米で論争を巻き起こした裁判を基に描かれた法廷劇です。

1994年、イギリスの歴史家デビッド・アービング(ティモシー・スポール)が主張する「ホロコースト否定論」を看過することができないユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)は、自著の中でアービングの説を真っ向から否定。

アービングは名誉毀損で彼女を提訴するという行動に出ます。

訴えられた側に立証責任があるイギリスの司法制度において、リップシュタットは「ホロコースト否定論」を崩す必要がありました。

そんな彼女のために組織されたイギリス人大弁護団によるアウシュビッツの現地調査など、歴史の真実の追求が始まり、2000年1月、多くのマスコミの注目が集まる中、王立裁判所で歴史的裁判が開廷しました。

ユダヤ人歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズ、ホロコースト否定論を唱える歴史学者を『ターナー、光に愛を求めて』などのティモシー・スポールが演じるほか、名優トム・ウィルキンソン、『007 スペクター』などのアンドリュー・スコットらが共演します。

否定と肯定 公式サイト



アクセスカウンター

 
M・R・ケアリーのベストセラー小説「パンドラの少女」を著者自身による脚本で実写映画化したSFスリラーです。

近未来、ウィルスのパンデミックによって人類のほとんどが凶暴な「ハングリーズ」と化し、生き残ったわずかな人々は壁に囲まれた安全な基地内で暮らしていました。

イングランドの田舎町にある軍事施設には、ウィルスに感染しても見た目が変わらず思考能力も保ち続ける「セカンドチルドレン」たちが収容され、彼らからワクチンを作り出すべく研究が行われています。

ある日、その子どもたちの中に特別な知能を持つ少女メラニー(セニア・ナニュア)が現われます。

この作品は、オーディションで500人以の中から選ばれた新人セニア・ナニュアが主演を務め、シッチェス映画祭で女優賞を受賞しました。

ディストピア パンドラの少女 公式サイト



アクセスカウンター
 
2011年に27歳の若さで亡くなった歌手エイミー・ワインハウスの知られざる素顔と波乱の人生を追ったドキュメンタリーです。

2003年にデビューアルバムをリリースしたエイミー・ワインハウスは、他を圧倒する歌唱力と歌声で一躍トップスターの仲間入りをします。

第50回グラミー賞では年間最優秀レコードをはじめ5部門で受賞するなど大成功を収めますが、2011年に27歳の若さでこの世を去ります。

華々しいキャリアの一方、スキャンダラスな私生活にもフォーカスされる機会の多かった彼女の知られざる真実を、これまでに公開されたことのない映像などで振り返ります。

監督は、アイルトン・セナのドキュメンタリー「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」が高く評価されたアシフ・カパディアです。

AMY エイミー 公式サイト



アクセスカウンター
 
ミッチ・カリンの小説「ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件」を実写化したミステリーです。

ある男性から不可解な行動を取る妻の素行調査を依頼されたホームズでしたが、その謎解きはホームズの人生最大の失態となり、探偵稼業を引退することとなってから30年、93歳となったホームズは、30年前の未解決事件に決着をつけるため、ロジャー少年を助手に迎え、最後の推理を始めます。

現役から退き、93歳となった年老いたホームズをマッケランが演じ、アカデミー賞ノミネート女優ローラ・リニー、真田広之らが脇を固めます。

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 公式サイト


カウンター