FC2ブログ

映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化した作品です。

1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)。

署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまいます。

しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップ(アダム・ドライヴァー)に協力してもらうことにします。

電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくのですが・・・。

主人公ロンを名優デンゼル・ワシントンの実子ジョン・デビッド・ワシントン、相棒フリップを「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバーが演じます。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。第91回アカデミー賞では作品、監督など6部門にノミネートされ、
脚色賞を受賞しました。

ブラック・クランズマン 公式サイト


スポンサーサイト
 
実話をもとに史上初の男女平等裁判に挑んだ女性弁護士を描いたドラマです。

のちにアメリカで最高裁判事を務めることとなるルース・ギンズバーグ(フェリシティ・ジョーンズ)は、貧しいユダヤ人家庭に生まれ、努力の末に名門ハーバード法科大学院に入学します。

夫マーティの協力のもと彼女は大学院を首席で卒業しますが、女性であることを理由にルースを雇い入れる法律事務所はどこにもありませんでした。

やむなく大学教授となったルースは、男女平等の講義に力を入れながらも、弁護士への夢を捨てきれずにいました。

やがてある訴訟記録を目にし、それが歴史を変える裁判になると信じたルースは自ら弁護を買って出るのですが・・・。

女性が働きにくかった時代に弁護士となり、女性の権利を訴え続けた主人公を映し出します。

ビリーブ 未来への大逆転 公式サイト

 
マーベルコミックが生んだヒーローが結集する「アベンジャーズ」シリーズに連なる「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の一作で、MCUでは始めて女性ヒーローが単独で主役となったアクションエンタテインメントです。

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってきます。

彼女には驚くべきパワーが備わっていましたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みでした。

その記憶にはある秘密が隠されていて、それを狙う敵がいました。

彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになるのです。

「ルーム」でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンがキャプテン・マーベル役で主演を務めます。

キャプテン・マーベル 公式サイト


 
アメリカの新聞「The New York Times Magazine」に掲載された実話をベースにしたヒューマンドラマです。

家族をないがしろに仕事一筋で生きてきたアール・ストーン(クリント・イーストウッド)でしたが、いまは金もなく、孤独な90歳の老人になっていました。

商売に失敗して自宅も差し押さえられて途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられたアールは、簡単な仕事だと思って依頼を引き受けましたが、実はその仕事は、メキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だったのです。

クリント・イーストウッドは「人生の特等席」以来6年ぶり、自身の監督作では「グラン・トリノ」以来10年ぶりに俳優として出演も果たしています。

運び屋 公式サイト


 
人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描いたドラマです。

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、粗野で無教養ですが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていました。

クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)に運転手として雇われます。

黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。

出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていきます。

この作品は、アカデミー賞の前哨戦の一つとされるトロント国際映画祭で、最高賞の観客賞を獲得しました。

グリーンブック 公式サイト


カウンター