映画好き?

聴覚障害者にも楽しんで頂きたい、日本語字幕付き上映会のお知らせを中心にお伝えします。

 
小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。

豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描きます。

幼くして豊臣秀吉(滝藤賢一)に才能を認められ、取りたてられた石田三成(岡田准一)は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていました。

そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになりますが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいきました。

そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日、毛利輝元(山崎清介)を総大将に立てた三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で天下分け目の決戦に挑むこととなります。

日本の戦国時代における重要な合戦が、どのような切り口で映し出されるのか注目です。

関ヶ原 公式サイト

日本語字幕付上映劇場


スポンサーサイト
 
「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」などで知られるエドガー・ライト監督が、音楽にのりながら驚異の運転テクニックを発揮する若きドライバーの活躍を描いたオリジナル作品です。

幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。

その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍しますが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちます。

それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えますが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫ります。

主人公のユニークなキャラクター、迫力満点のカーアクションに注目です。

ベイビー・ドライバー 公式サイト


 
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのトム・ホランドを主演に迎えたヒーローアクションです。

ベルリンでのアベンジャーズ同士の戦いに参加し、キャプテン・アメリカのシールドを奪ったことに興奮するスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、ニューヨークに戻ったあとも、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)からもらった特製スーツを駆使し、放課後の部活のノリで街を救う活動にいそしんでいました。

そんなニューヨークの街に、トニー・スタークに恨みを抱く謎の敵バルチャーが出現。

ヒーローとして認めてもらい、アベンジャーズの仲間入りをしたいピーターは、トニーの忠告を無視してひとりで戦いに挑むのですが・・・。

史上最も若いスパイダーマン俳優、トム・ホランドのシリーズ本格デビューです。

スパイダーマン:ホームカミング 公式サイト




アクセスカウンター

 
モスクワを舞台に、地球外生命体と人類の攻防を描いたSF作品です。

巨大な球体宇宙船がモスクワに飛来し、ビルをなぎ倒して多くの死傷者を出しながら着陸しました。

異星人との初めての遭遇に人々が戸惑う中、ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の収拾を図ろうとします。

一方、ロシア軍司令官の娘ユリア(イリーナ・スタルシェンバウム)は異星人の科学技術者ヘイコン(リナル・ムハメトフ)と出会い、ヘイコンが故郷の惑星へ帰るために必要なデバイス「シルク」探しを手伝うことに。

異星人に対する排斥の気運が高まる中、ヘイコンと一緒に過ごすうちに自分が彼を愛し始めていることに気づくユリアだったのですが・・・。

監督は『スターリングラード 史上最大の市街戦』などのフョードル・ボンダルチュク。最新のビジュアルエフェクトと壮大で独特の世界観が見どころです。

アトラクション 制圧 公式サイト


 
コペンハーゲンの養護施設で起きた実話をもとに、自分たちの手で未来を切りひらこうとする幼い兄弟の絆を描き、デンマーク・アカデミー賞で作品賞をはじめ6部門に輝いたヒューマンドラマです。

1967年、デンマークのコペンハーゲンで母親と暮らす13歳のエリック(アルバト・ルズベク・リンハート)と10歳のエルマー(ハーラル・カイサー・ヘアマン)。

ある日、病弱な母親が入院することになり、兄弟は施設に預けられます。

そこでは、しつけとは名ばかりの体罰が横行していました。さらにエリックたちは新しい環境になじめず、上級生たちによるイジメの標的になってしまいます。

そんな過酷な日常から抜け出すべく、兄弟は施設からの逃亡を図ります。

テレビシリーズ「THE KILLING」などのソフィー・グローベールが教師役、テレビシリーズ「ゾウズ・フー・キル」などのラース・ミケルセンが、施設の独裁的な校長役で出演します。

きっと、いい日が待っている 公式サイト